抗菌.shopとは 水素水での対策 光触媒での対策 製品紹介

抗菌・除菌アイテム紹介

CO2エアモニター

16400円

【デジタル表示】 二酸化炭素濃度のレベルに応じて色が変化する快適な表現で、空気中の二酸化炭素濃度の現状を簡単に把握できます。     0ppm~700ppm       緑色  適切な空気循環です。     700ppm~1200ppm 黄色    1200ppm~               赤色  ※厚生労働省の換気基準は1000ppmとなります。 【正確で信頼性の高い】:二酸化炭素検出器には、非分散型赤外線吸収の原理に基づいた高性能センサーが装備されています。超ノイズ除去回路とハイブリッドアルゴリズムに依存しており、その濃度検出分解能はPPMレベルに達することができます。

 

 

 

ppmとは、百万分率を意味する割合の単位です。主に微量物質の濃度を表すのに用いられます。例えば二酸化炭素濃度が400ppmの場合、%に変換すると、0.04%となり、二酸化炭素濃度を表す単位の一つとなります。

 

【製品に測定誤差があります】空気中の二酸化炭素の含有量を測定しますが、あまり正確な機器ではありません。誤差範囲は約100-300ppmで、通常の測定誤差です。製品センサーが機能しているかどうかを検出するために、空気入口に空気を吹き込んで値が変化するかどうかを試すことでできます。値が完全に変わらない場合は交換を致します。

 

 

 

二酸化炭素濃度の基準値について

二酸化炭素濃度基準値とは、2020年に厚生労働省より、集団感染発生リスクの高い状況の回避のための良好な換気状態の基準として二酸化炭素濃度1000ppm以下が提示されており、室内の換気を行うための基準とされている値の一つとなっております。

 

 

 

お見積り・ご相談は無料 !

弊社サービスはお客様の環境によって、
提供内容がことなります。
建物情報を聞いて、まずはお見積りを提出。
お気軽にお問合せください。

お気軽にお見積もり・ご相談くださいませ